医療機器営業への転職

病棟保育士

病棟で働く保育士の仕事もあります。

興味をお持ちの保育士さんも多いかもしれません。

将来的には分かりませんが、現状では病棟保育士として働くにあたっては保育士資格があれば応募は可能です。

しかし、入院中のお子さんを対象として遊びの提供であったり、心のケア、生活支援なども仕事内容となってはきますし、当然のことながら看護師や医師などとの連携も重要となります。

そうした事を考えると、医療や看護の知識は最初から豊富に持っている必要は無いですが、勉強にしっかりと取り組む事は重要といえそうですね。

病院が直接、病棟保育士を採用するケースはまだまだ少なく、派遣会社などを通して病院に派遣されたりといった働き方などがあります。

新卒から病棟保育士として働くのは、少々難易度が高いといえるでしょうか。
実務経験を問われるケースが多いといえます。

子供達と信頼関係を構築するのがやはり大切ですよね。

ニーズの高さは確実にありますが実際の求人が増えているか、というと大きく反映はされてはいない状況である、といえます。

そのため、病棟保育士を目指して求人を探している保育士さんの中には、非常に長期に渡って、応募のチャンスを待っている方もいらっしゃるようです。

多くの病院で、病棟保育士の人数が1名、といった事が多い事も影響しているといえそうですね。

病棟保育士の求人情報を探す方法ですが、病院の公式ホームページ内にある採用ページで不定期に掲載がある場合と、転職サイトを介して求人が見つかるケースもあります。

いずれも希少な求人となりますので、もし採用情報を見つけた場合には、通勤可能な範囲であれば積極的に応募を検討されると良いのでは、と思います。

狭き門である事は間違いありませんので、情報収集がとても重要ですね。

病棟の保育士求人

お仕事探しの際に、あまりに希少な求人にこだわりすぎず、経験を積める職場を選ぶといった視点も重要かもしれませんね。

また地域によっては病棟保育士を置いている病院がほぼ無い地域もあるかもしれません。

仕事はやり甲斐も大切ではありますが、ご自身の生活の糧(給料)を得る方法でもあります。

色々な視点から、職場選びをする事も大切といえますね。