医療機器営業への転職

言語聴覚士の転職

医療職の転職も一般的になってきたように思います。

キャリアアップのために転職をされる方も多いですし、年収アップを目的として転職エージェントを利用される方も少なくありません。

どうしても診療報酬がついて回りますから、経営母体のしっかりとした施設で働く事は、とても重要と言えますよね。

勤務先によって、100万ほど年収差も出ることがあるようです。

STで年収500万円以上となるとかなり、高年収といって良いと思います。
希少にはなりますし、経験等もしっかりと問われる事になりますが、せっかくですから狙ってみたいという方も多いのではないでしょうか。

そのためには、非公開求人も含めて、好条件の求人に関して情報収集をする事が重要となります。

給与に関しては経営状態と経営者の考え方も大切なポイントですね。

優秀な人材(PT、OT、STなど)を採用したいと考える経営者は、給与も高めにする事が多いように思います。

特に中途採用の場合には、給与を上げることで応募も比例して増える事が多いです。
その中から、実績・経験の豊富な言語聴覚士を採用したい、という事もあるでしょう。

なかなか個人で転職活動をしていると、こうした情報までは知り得ないことが多いのですが、採用担当者(施設の規模が小さければ施設長、経営者など)とも情報交換を行っている転職エージェントを利用すると、情報を得られる事もあります。

転職の比較的しやすい医療専門職とはなりますが、やはり転職回数が多くなると後々不利になる事も出てきてしまいます。

やはり1つの職場でどれくらいの期間、在職して働いてきたかといった事を気にする採用担当者、経営者は多いでしょう。

転職したものの、やっぱり合わないから辞めようかな、とならないように事前の情報収集はしっかりと行う必要がありますね。

転職先に選ぶ職場も重要です。

どんな仕事をして経験を積んでいくのか、といった事は職場が大きな比重を占めていますよね。

今後、需要が増えそうな職場として、訪問看護リハビリテーションなどもありますね。

訪問看護は給与が高めの事業所が多いですから、高給与を希望される場合には情報収集をしてみても良いかもしれません。

有料老人ホームなども経営母体によっては、相場を超える高額給与で言語聴覚士求人を掲載していることもあります。

まずは情報収集が大切、といえそうです。

言語聴覚士 転職サイト